業務用エアコンの主な部品と交換周期

こちらが業務用エアコンを構成する主な部品です。
図の通り、部品ごとに交換周期は異なります。
この交換周期をもとにメンテナンスをしていく必要があります。
そうすることによって、ランニングコストの低減・耐用年数の延長・故障の予防・快適性の持続・安全性の確保につながります。

業務用エアコン消耗部品一覧

ただ、これらの部品を全て交換するとなると非常に大きな費用がかかります。修理費用の一例をご紹介致します。

エアコン主要構成部品の概算費用

※指でスワイプするとスクロールします。

構成部品 ~2馬力 3~6馬力 8~10馬力
室外機 圧縮機(コンプレッサー) ¥150,000 ~ ¥250,000 ~ ¥350,000
電子膨張弁(冷媒を制御する弁) ¥80,000 ~ ¥100,000 ~ ¥120,000
熱交換器(クーラーフィン) ¥150,000 ~ ¥220,000 ~ ¥240,000
本体制御基板(運転制御するマイコン) ¥40,000 ~ ¥60,000 ~ ¥70,000
インバーター基板
(コンプレッサーの回転を制御するマイコン)
¥40,000 ~ ¥60,000 ~ ¥70,000
パワーユニット(電気を増幅させる装置) ¥60,000 ~ ¥80,000 ~ ¥80,000
サーミスタ-、センサー
(空気の温度を検知する部品)
¥30,000 ~ ¥40,000 ~ ¥50,000
電磁開閉器(圧縮機の電気を入切する部品) ¥30,000 ~ ¥50,000 ~ ¥60,000
ファン電動機(風を送り出すファンモーター) ¥50,000 ~ ¥80,000 ~ ¥120,000
室内機 ファン電動機(風を送り出すファンモーター) ¥60,000 ~ ¥70,000
熱交換器(クーラーフィン) ¥70,000 ~ ¥70,000
ドレンポンプ(水を排水する装置) ¥60,000 ~ ¥60,000
制御基板(運転制御するマイコン) ¥40,000 ~ ¥50,000
サーミスタ-、センサー
(空気の温度を検知する部品)
¥20,000 ~ ¥40,000
ドレンパン(水を受ける皿) ¥80,000 ~ ¥80,000
スイングモータールーバー
(風向調整する可動式の羽根)
¥20,000 ~ ¥25,000

修理見積りの一例

<問い合わせ時>
事務所待合室で1台業務用エアコンを使用中。
エアコンの電源を入れてもエラーコードの表示が出るのみで動作しない状況となっていた。

こちらのお客様は、修理問い合わせ時、ダイキンの業務用エアコンをご使用中でエラーコード(E0)が表示されていました。
E0とは室外機の保護装置が作動している状態であり、技術員を派遣し、状態の調査の結果、ガス欠・コンプレッサーの異常・ファンモーターの異常を確認致しました。
今回の保全での修理見積もりはこのようになります。

※指でスワイプするとスクロールします。

品名及び仕様 数量 金額
スクロール式圧縮機 1台 約165,000円
アキュームレータ 1個 約18,000円
防振ゴムプレ組立品 3個 約1,000円
圧縮機防音カバー 1個 約3,000円
圧縮機ヘッドカバー 1個 約1,000円
クランクケースヒータ 1個 約2,000円
温度スイッチ(吐出管用) 1個 約2,000円
プリント基板 1個 約19,000円
サーミスタ 1個 約1,000円
冷媒R-22(100グラム単位) 1式 約12,000円
冷媒回収作業 1式 約17,000円
フロン破壊処理(100グラム単位) 1式 約5,000円
冷媒系統主要部品の交換 1式 約57,000円
電磁開閉器 1個 約7,000円
機材ロープ搬入、搬出 1式 約22,000円
諸経費 1式 約12,000円
合計(税抜) 約344,000円

突発的に起こる故障の修理費用は経営者様にとって大きな負担になってしまいます。
そこで、考えたのが当社独自のあんしん保証Ecoプランです。

あんしん保証Ecoプランについてはコチラ>>

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。