エアコンのタイプ

業務用エアコンには用途によって様々な形状に分かれています。
店舗やオフィスなどで使用する際には、利用可能な形状の中からお部屋の間取り、建物の構造に合わせてお好きな機種を選択することが可能です。
ここでは様々なエアコンの室内機の形状についてご紹介いたします。

天井カセット型4方向吹出

キレイに設置でき、天井と一体化するので目立ちません。
天井の照明でスペースの無い方、ミニショップで壁を有効に使いたい方、エアコンを目立たせたくないインテリア重視の方におすすめです。

【メリット】

  • 4方向から送風できるので温度ムラができにくい
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない
  • センサーやお掃除機能等のオプション機能のあるものが多い
  • パネルの色を選ぶことができる(フレッシュホワイト・ホワイト・ベージュ・ブラック)

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い

天井カセット型ラウンドフロー

360度全周吹き出しが可能。キレイに設置でき、天井と一体化するので目立ちません。
天井の照明でスペースの無い方、ミニショップで壁を有効に使いたい方、エアコンを目立たせたくないインテリア重視の方におすすめです。

【メリット】

  • 360°全周から送風できるので4方向吹出よりも温度ムラができにくい
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない
  • センサーやお掃除機能等のオプション機能のあるものが多い
  • パネルの色を選ぶことができる(フレッシュホワイト・ホワイト・ベージュ・ブラック)

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い

天井吊型

静かでスペース要らず。人気商品です。
空間を活かしながら、周辺のインテリアにも溶け込みます。
広いオフィスや、お洒落なお店にも最適です。埋込不要なので、据付も簡単です。

【メリット】

  • 遠くまで風を送ることができるので細長い空間に効果的
  • 天井が高くても、足元まで風を送ることができる
  • 天井に大きな穴を開けなくても設置ができる
  • センサーや除菌機能等のオプション機能のあるものが多い
  • 室内機1台で最大10馬力まで出る

【デメリット】

  • 1方向なのでエアコンの真下や両サイドに風がいきにくい
  • 配管が露出する

床置型

設置が手軽に、デザインもスマートに。
床スペースをとらず、据付工事も簡単。床置ですので、お掃除も簡単です。
暖房効果が気になる高天井空間にもおすすめです。

【メリット】

  • 天井が高くても、足元まで風を送ることができる
  • 取り付けが簡単で設置工事費が安い
  • 手入れが簡単にできる

【デメリット】

  • 1方向なので温度ムラができやすい
  • 設置するためのスペースが必要になる
  • 配管が露出する

壁掛型

設置がお手軽にできます。床スペースをとらず、据付工事も簡単。
サイズも従来より小さくなり、スッキリと設置できます。ルームエアコンと違い、風量は業務用ならでは。

【メリット】

  • 取り付けが簡単で設置工事費が安い
  • 手入れが簡単にできる
  • 小さい事務所に向いている

【デメリット】

  • 天吊形に比べ、風が遠くまでいかない
  • 両サイドには風がいきにくいので、温度ムラができやすい

天井カセット型2方向吹出

天井の照明ラインに美しくフィットします。
デザイン重視のオフィスや店舗の天井にぴったりフィットします。
吸込み口吹出し口が、各々2本ずつの細いラインでお手入れも簡単です。

【メリット】

  • 両サイドに風を送ることができるので細長い空間に効果的
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない
  • パネルの色を選ぶことができる(フレッシュホワイト・ブラウン)

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い

天井カセット型1方向吹出

天井の隅に設置する場合おすすめ。下がり天井設置も可能。
下吹き、前吹きが自在に選択可能なので、設置場所に応じて最適な吹出しが選べます。高天井にも対応。

【メリット】

  • 細長い空間や下がり天井に効果的
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない
  • パネルの色を選ぶことができる(フレッシュホワイト・ブラウン)

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い
  • 1方向なのでエアコンの真下や両サイドに風がいきにくい

ビルトイン

レイアウトフリーで照明や換気装置に左右されません。
吹出口が本体から分離しているので、変形間取りに設置可能です。1室内ユニットあたり吹出し口は2~4個設置できます。

【メリット】

  • 室内のレイアウト、デザイナーズ物件などに合わせて柔軟に対応できる
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない
  • 吹出口のタイプを選ぶことができる

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • メンテナンスに手間がかかる
  • 設置工事費が高い

天井埋込ダクト型

空調の存在を感じさせない、ダクト形エアコン。
吹出口と吸込み口が本体から分離している空調です。インテリア重視の空間づくりをサポートします。

【メリット】

  • 室内のレイアウト、ビルのタイプなどに合わせることができる
  • 吸込口と吹出口が本体と離れているので室内機が完全にみえない
  • 吸込口・吹出口のタイプを選ぶことができる

【デメリット】

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)
  • 部材や工事費用が比較的高くなる
  • メンテナンスに手間がかかる

ワンダ風流(ダイキンのみ)

吹出方向が選べる(4方、3方、2方)マルチフローで、すみずみまで快適。
部屋の形、また照明やインテリアにあわせてエアコンの据付位置・吹出し方向を選べるため、気流の死角をなくせます。

【メリット】

  • 設置場所に合わせて吹出し方向が選べる
  • 天井裏のスペースが無くても、設置をすることができる
  • 人検知・床温度センサーが付いているので、温度ムラができにくい

【デメリット】

  • 空調機器を見えるところに設置する必要がある
  • 天井までの高さが4m以上だと風が足元まで届かない
  • 室内機1台で最大5馬力までしかない

中規模店舗・オフィス・工場でおトクな個別運転マルチエアコン

間取りに合わせて室外機1台に対して複数台の室内機を使用することができます。

おトクなポイント!!
1)室外機設置場所の省スペース化
2)空調機器・工事費用の総額を抑えることが可能!
3)室内機の馬力、形状を各設置場所に合わせて調整することも可能!

1部屋:部屋全体を効率よく空調

1部屋に設置した複数台の室内ユニットをリモコン1台で操作した場合でも、各室内ユニットは個別にサーモON/OFFします。
設定温度に達したゾーンの室内ユニットのみサーモOFF(送風)に。それ以外の室内ユニットは運転を継続し、室内の温度ムラを抑制できます。

  • *1:日射や外気の影響を受けないゾーン
  • *2:日射や外気の影響を受けるゾーン
(サーモON/OFFとは)
冷暖房の動作に関する機能。OFF時は送風状態にすることで空気の循環を維持します。

複数の部屋:使う部屋だけしっかり空調

室内ユニットごとにリモコンを接続すれば、複数の室内ユニットを個別に運転でき、使用状況に応じた各部屋の運転・温度設定が可能。ムダな運転を減らせて経済的です。

エアコンのタイプが決まったら次はお客様の環境に合った能力(馬力)が必要です。
どのくらいの能力が必要か、下記リンク先でご確認ください。

エアコンの能力(馬力)についてはこちら>>

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。