リースのメリット・デメリットは?

業務用エアコンを導入する際にリース契約にする一番のメリットは、
一度に多額の購入資金が不要で月々一定のお支払いだけで済むところですが、他にも色々なメリットがありますので、
デメリット含めご紹介します。

リース契約のメリット

資金の効率的運用ができます。

業務用エアコンを導入する際に一度に多額の購入資金が不要です。
リースなら月々一定のリース料のお支払いだけで済みますので、購入による資金の固定化を防ぎ運転資金を留保できると同時に、
その資金を運用して利益を生み出すことができます。

リース料は経費で処理できます。

月々のリース料は、税務上認められたリース期間であれば、全額経費として処理できます。
また、法定耐用年数より短い期間でリース期間を設定できるため、償却期間を短縮することが可能となります。
また、税金面で有利なばかりでなく固定資産に計上されませんので財務比率を悪化させません。

事務の合理化が図れます。

業務用エアコンを購入した場合、資金調達、償却事務、諸税の申告・納付、保険の諸手続きなど、いろいろなわずらわしい管理事務処理が発生します。
リース会社にこれらの事務全てを任せることができますので、事務の合理化・効率化が一段と促進できます。

また、リ-ス料は全額経費として処理できますので、税金面で有利なばかりでなく、固定資産に計上されませんので財務比率を悪化させません。

陳腐化リスクを防止できます。

技術革新の激しい現在、法定耐用年数と実質経済耐用年数とに格差があり、導入した設備が陳腐化する危険性があります。
そのため、経済的耐用年数を考慮した期間でリ-スにすれば、常に最新の製品を使用でき、機械・設備の陳腐化を防ぎます。

借入れ枠の温存、迅速な契約手続きが可能です。

銀行から借入れると借入枠や担保提供のため100%の融資を得ることは困難です。
リースなら銀行に対し借入枠を留保したまま購入と同じように機械設備等が使用できますので、設備投資について実質上100%借入れた場合と同じことになります。
また、借入よりも契約手続きが迅速のため、設備投資のタイミングが遅れるリスクを回避できます。

原価意識の徹底が図れます。

機械設備等のコストは、リース料という形で明確に把握できますので、原価計算が簡素化できると同時に原価意識の徹底が図れます。

環境関連法制に適切に対応できます。

リ-ス物件はリ-ス会社で廃棄物処理法、薬事法など、また、リース料は通常月々一定の金額ですので資金計画が立てやすくなります。
新たな規制に適切に対応した処理を行いますので、お客様側で環境関連のさまざまな法律を気にする必要がありません。

リース契約のデメリット

総額が高くなりやすい。

総支払い金額は、業務用エアコンの本体価格以外に固定資産税、保険料、金利などが含まれるため割高になってしまいます。

中途解約ができない。

原則としてリースは中途解約ができません。
仮に中途解約した場合には、残っているリース料を一括で支払うように求められます。
リース取引は本質的にはリース会社からお金を借りる金融取引なので、リース会社が当初購入した際に要した全額を返済する必要があります。

所有権が無い。

業務用エアコンをリースで導入すると所有権はリース会社のものになるため、契約期間満了後はリース会社に物件を返却する必要があります。
ただし、一般的なリース契約では、リース期間満了後も再リースとして延長する事が可能です。
※再リースとは、リース期間満了後、当初のリース料に比べ割安なリース料(リース会社によっては9割引)で継続してご利用いただけるリース契約です。

業務用エアコンの導入をお考えの方は、上記の内容をしっかりと把握した上でご検討ください。
また、ACNではリース以外の取り扱いもございますので、お気軽にご相談ください。

長くご使用ならお得な入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。