ペアとマルチについて

業務用エアコンは室内機の形状や室外機のタイプによって区別することもありますが、室外機と室内機の組み合わせによって区別することがあります。
それは、「ペアとマルチ」です。店舗やオフィスなどで使用する際には、間取りや建物の構造に合わせてタイプを選択します。
ここでは業務用エアコンのペアとマルチについてご紹介いたします。

ペアとマルチの違い

シリーズ ペア 同時運転マルチ 個別運転マルチ
室外機 1台 1台 1台
室内機 1台 2~4台 2~4台
リモコン 1個 1個 2~4個

ペアとマルチの特長

ペアとマルチにはそれぞれ特長があり、その特長によってお客様の環境に合うタイプの選択を行います。ここではそれぞれの特長についてご紹介します。

ペアシリーズ

室外機と室内機が1台ずつ対になっている一般的なタイプで、「シングル」と呼ばれる場合もあります。
空調規模が大きくない店舗や商店などで利用されていることが多いです。ただ、室内機を増やすと必然的に室外機も増えてしまうので、空調面積の広いところにはあまりオススメできません。
面積が比較的小さなところや、既設のエアコンの能力が不足気味のところに追加設置する場合などに選択されています。

同時運転マルチシリーズ

1台の室外機に対して2~4台の室外機が繋がっているタイプで、室内機が2台の場合を「ツインマルチ」3台の場合を「トリプルマルチ」と表現されることもあります。
空調面積が広く、間仕切りのないワンフロアーの空調にオススメです。室内機1台のみでは生じやすい温度ムラを解消し、室内機を分散設置することで快適気流が室内すみずみまで広がります。また、小型のペアシリーズを複数台設置するのに比べ、室外機が1台で済むため、省工事・省スペースのメリットも生まれます。
ただ、1個のリモコンで全ての室内機を運転・操作することになりますので間仕切りをされていたり、1台だけ操作が必要な場面には向いていません。

個別運転マルチシリーズ

同時ツインと同様に1台の室外機に対して2~4台の室外機が繋がっているタイプとなりますが、室内機ごとにリモコンが付いているため、個別で運転を行うことが可能です。
飲食店の個室やパーテーションなどで仕切られたオフィスなど、時間帯によってエアコンの運転や設定温度を調節したいというご希望のある方にオススメです。
各室内機ごとに運転の操作ができるため電気代の削減にも貢献してくれます。
また、小型のペアシリーズを個別に複数台設置するのに比べ、室外機が1台で済むため、省工事・省スペースのメリットも生まれます。

どのタイプの業務用エアコンが合うかは
環境によって違います。

専門的な観点から現場をしっかりと確認した上で
選別を行うことが重要です。

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。