業務用エアコンのリース契約

業務用エアコンを導入するときにオススメの契約が「リース契約」です。このページでは、レンタルとの違いも含めたリース契約のメリットやデメリット、仕組みや動産保険等をご紹介します!

リース契約とは?

  • 「リース」とは、企業などが選択した機械設備等(業務用エアコンなど)を、リース会社が購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引です。
    業務用エアコンを導入時に一番多い契約方法である「リース」とはどういうモノなのかをご紹介します。
  • リース契約についての詳細はこちら

リースのメリット・デメリット

  • 業務用エアコンを導入する際にリース契約にする一番のメリットは、一度に多額の購入資金が不要で月々一定のお支払いだけで済むところですが、 他にも色々なメリットがありますので、デメリットも含めてご紹介します。
  • リースのメリットやデメリットの詳細はこちら

万が一の時も動産総合保険で補償

  • リース物件には、偶発的な損害を補償するために動産総合保険が付保しています。
    動産総合保険は、日本国内で発生する偶然の事故(火災・落雷・盗難など)によって生じるほとんどすべての損害が補償されます。
  • 動産総合保険の補償についての詳細はこちら
Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。