万が一の時も動産総合保険で補償

リース物件には、偶発的な損害を補償するために動産総合保険が付保しています。
動産総合保険は、日本国内で発生する偶然の事故(火災・落雷・盗難など)によって生じるほとんどすべての損害が補償されます。
買取やレンタルで利用を検討されている場合は、一考する余地は十分にあります。

補償対象となる主な事故

日本国内における「偶然かつ外来の事故」によってリース物件に生じた全ての損害

【例】
火災、水災、盗難、破裂、爆発、落雷、風災、雹災、雪災、衝突、航空機の墜落、動物のとび込み、他物との接触、労働争議にともなう蛮行、取扱い不注意などによりリース物件に損害が生じたとき。

※リース会社によって補償対象は異なります。
また、事由によっては、保険金支払いの対象にならないこともあります。
尚、保険認定に関する可否は損害保険会社が⾏います。

保険の有効期間

一般的に、有効期間はリース物件がお客様へ納入され、リースが開始された日(検収日)から、基本リース期間が満了する時までです。

万が一事故が発生した場合

万が一リース物件に事故が発生した場合は、直ちに販売店、もしくはリース会社へご一報ください。

保険の請求に必要な書類の一例

書類名 分損時 全損時 火災時 盗難時 落雷時
リース物件事故報告書
写真
修理見積書
罹災証明書
盗難証明書又は盗難届出証明書
損害額明細書
落雷証明書

以下の内容にご注意ください。

  • リースの契約番号
  • 事故発生の場所・日時
  • 自己物件及び損害状況
  • 事故原因

業務用エアコンの導入の際は、目に見える費用や機能だけでなく
目に見えにくいメンテナンスや万が一の時の補償なども
念頭に置いて検討しましょう。

長くご使用ならお得な入れ替え方法がございます
詳しくはコチラ>>

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。