家庭用(ルーム)と業務用(パッケージ)の違い

耐久性に優れる業務用エアコン

業務用エアコンは、家庭用に比べて大型、堅牢で長時間の連続運転にも耐えうる設計になっています。

機能的にはシンプルなものが主流ですが、業務用エアコンを使用する場所は、その名前の通り、業務(いわゆる店舗や事務所など)を行う場所ですので、機器の稼働時間が一般家庭で使用する場合よりも、ずっと長時間になります。

したがって機器に掛かる負担は大きく、それに耐えるものでなければなりません。
その為、業務用エアコンは耐久性を重視したものになっています。
また、広い空間を冷暖房する為に、馬力(能力)が大きいのも特徴です。
動力は三相3線式(動力)が多く、業務用の冷蔵庫や工場などの大型機械に使用されています。
(一般家庭によく使われているのが、単相3線式で、単相100vと単相200vが使えます。)
こういった用途から、業務用エアコンは家庭用エアコンとは、明確に区別されています。

エアコンの選択基準

※指でスワイプするとスクロールします。

家庭用エアコン(ルーム) 業務用エアコン(パッケージ)
一般住宅用 オフィス・店舗用 ビル用マルチ
用途 戸建て住宅・集合住宅など オフィス・食堂・店舗など ビル・大型施設など
推奨場所 熱源が少なく、
人の出入りの少ない場所
熱源や人の出入りが多く、
運転時間が長い
主に3000m2以上の
中大規模建物の個別空調

誤ったエアコンを設置してしまうと…

単に畳数合わせで店舗やオフィスに家庭用エアコンを何台も導入する(している)と、低コストで簡単に導入できると思いがちですが、個別で複数台を動かしているという状況では、エアコン自体が複数台で運転していると認識することができません。
そのため、無駄な動作が多くなりブレーカーが頻繁に落ちたり、電気料金が掛かりすぎたりと大変不経済です。

それではどんなエアコンを選べばよいのか?
お客様の環境によって様々なタイプのエアコンをお選び頂けます。

エアコンのタイプについてはこちら>>

資料請求・お見積もり

資料請求・お見積もり

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。