エアコンの能力(馬力)

一般家庭用のエアコンでは、そのエアコンの持つ性能や能力を何畳用という表記を用いて表しますが、業務用エアコンの場合には、設置場所の広さ・用途ごとに必要な能力を「馬力」という表記を用いて表します。

既設のエアコンをそのまま使用した場合、以前の入居者の業態に合わせて設置しているため、広さが同じでも現在の使用環境や
間取りによってタイプや馬力があっていない可能性があります。
下記に業種・広さ別での馬力表を掲載しておりますのでご参考にしてください。

※こちらはあくまで目安となりますので詳しくはお問い合わせください。

一般店舗

一般店舗とは、服飾、貴金属、日用雑貨品などを販売されているお店です。
冷蔵ショーケースなどを置いている生鮮食品店等は、より正確な負荷計算が必要です。

喫茶店・美容室

理美容店のお客様はヘアスプレー等の粘着性の高い薬品を吸い込んでしまいエアコンに負担がかかりやすくなってしまいます。
普段からのまめなメンテナンスが非常に大切です。
また、喫茶店ではタバコ等のニオイ、理美容店は薬品のニオイをどのように軽減するかも機器選定のひとつの目安になります。

空気清浄機との併用をオススメいたします。お客様が長い時間、同じ席に座るのでエアコンからの風当たりにも気を配りましょう。

レストラン・食堂

カウンタータイプのお店では調理から発生する熱が客席に影響します。
お客さまが調理するところ(焼肉、お好み焼、もんじゃ焼など)では、大きめの能力が安心です。
また、温度ムラを軽減するため、床温度センサー付きのエアコンをオススメいたします。

事務所

デスクワークが主体のオフィスが対象です。
(OA機器の多いデザイン事務所等は、機器からの発熱が室内にこもりがちです)また、人によっては暑がり・寒がりの違いもありますので、人検知センサー付きのエアコンを採用すると直接風を当てる・当てないなどの設定をリモコンに登録することもできます。

※業種グループで大きく4つに分けたものを紹介しています。
(これは社団法人日本冷凍空調工業界の規定に基づいたものです)
しかし建物条件(例:壁面が全てガラスで太陽熱の影響が大きい)や、
用途(例:OA機器が多数置いてあって発熱量が大きい)により適合能力が変動しますので、参考値としてご利用ください。

小さめの能力を選んで、設置後によく冷えない(暖まらない)ということのないようにしましょう。

ACNではご提案の際、機種・能力選定を間違いの無いようにするため、
設置場所を必ず現地調査
いたします!!
現地調査、最適なエアコン診断はその後の快適な経営の為に非常に重要なものとなっておりますので是非お気軽にお問い合わせ下さい!!
お客様のご要望に合わせて最適な空調環境を提案いたします。

現地調査を依頼する

長くご使用ならお得な入れ替え方法がございます。
詳しくはコチラ>>

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。