エアコン故障時のチェックポイント

業務用エアコンにトラブル発生!故障・修理はどうすれば?

ある日突然、業務用エアコンが動かなくなったり異臭や異音がしたりと故障の原因は様々です。
交換しなければならない場合もあれば、ちょっとした点検で直る場合、そもそも故障ではない場合もあります。このページではそういった故障時にチェックするポイントをご紹介しております。

注意点としては、お客様自身で業務用エアコンの分解や修理を試されるのは非常に危険です。下記対応で改善されない場合は、専門の業者(設置を依頼した販売店やメーカー)に依頼してください。

業務用エアコンの電源が入らない

ブレーカーのご確認はお済みですか?

業務用エアコンのブレーカーは、通常の配電盤の中ではなく別の場所に設置されていることが多いです。機械の故障ではなく、ブレーカーが落ちたままになっているといったケースも珍しくありません。

ワイヤレスリモコンの電池は切れていませんか?

リモコンの電池切れで赤外線の発信が弱くなっている可能性があるため、新しい電池に交換してみてください。

業務用エアコンの効きが悪い

フィルターがホコリ等で目詰りしていませんか?

室内機のフィルターが汚れて目詰まりすると、風を正常に送れないので、ブォーンというような大きな音や振動が起こります。 さらに、フィルターの下のアルミフィンも目詰まりしていないか確認してください。

フィルターやアルミフィンに問題が無いのに音が大きいままの場合は、モーターの異常やファンに何か異物が当たっているなど、機器の異常が考えられます。

冷媒ガスは漏れていませんか?

業務用エアコンのガス漏れは、工事のミスによるものがほとんどで、配管のムリな曲げ加工によるひび割れ、不適切なトルク掛けなどが原因とされております。 症状としては、室内機側の熱交換器に霜がついていたり、室外機側の高圧パイプ(2本ある内の細い方)に霜がついていたりすることが挙げられます。

冷媒ガスの追加も可能ですが、基本的にはガスを入れ替えた方が正確に補充できます。

ガス漏れが確認できないのに送風のみとなってしまう場合、コンプレッサー(圧縮機)が動いていない可能性が高いため、部品交換が必要になります。

業務用エアコンから異音がする

フィルターがホコリ等で目詰りしていませんか?

室内機のフィルターが汚れて目詰まりすると、風を正常に送れないので、ブォーンというような大きな音や振動が起こります。 さらに、フィルターの下のアルミフィンも目詰まりしていないか確認してください。

フィルターやアルミフィンに問題が無いのに音が大きいままの場合は、モーターの異常やファンに何か異物が当たっているなど、機器の異常が考えられます。

嫌なニオイがする(異臭がする)

クリーニングは定期的に行っていますか?

業務用エアコンは本体が室内の空気を吸って、それを吹き出しています。
エアコンが吸い込んだホコリ等の汚れの素になるものと水が反応して汚れになり、カビやタバコ臭等の嫌なニオイがでます。また、室外機の送風ファンは非常に強力なため、室外機周りに生活ゴミ等の異臭の原因がある場合、その臭いを拾ってしまうためくれぐれも置かないようにご注意下さい。

汚れたまま使用を続けていると、部品劣化などにより故障が早まる原因になるだけではなく、お客様の健康にも影響が出る場合があります。

エラーコードが出ている

業務用エアコンのエラーコード一覧>>をご確認ください。

10年以上業務用エアコンをお使いなら最新機種に入れ替えることで省エネ・快適な環境が実現できます。

業務用エアコンを初期費用0円で導入できるプランとは

資料請求・お見積もりはこちら

資料請求・お見積もりはこちら

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。