何が原因?エアコンの水漏れ

前ぶれもなく突然、エアコンの水漏れが起きて焦った…なんてことありませんか?4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあると言われるほど、エアコンの水漏れは多いようです。

約8割はドレンホースの詰まりが原因

エアコンの水漏れは排水するホースの詰まりが原因の8割と言われています。そのため、急に水漏れ!?となった時には、最初に室内機から外に繋がっているドレンホースを確認しましょう。

ドレンホースとは

エアコンの室内機から外へ繋がっている排水ホースのことです。ドレンホースはエアコン内部の水分を、外に出すためについています。穴が空いた状態で外に繋がっているので、「ホースの穴からゴミや虫が入り詰まる」「エアコン内部の水と一緒にホコリが排出され、ホース内で詰まる」といった状況が起きやすく、ドレンホース内を水が逆流してきて水漏れしてしまうのです。

フィンの結露

室外機ではなく、エアコン内部に原因がありそうな時は「フィンの結露を疑ってみましょう。フィンとは空気を暖めたり冷やしたりして温度を変える役割をしているものです。エアコンの中で、フィンが空気を急激に冷やすことで、結露が発生します。結露によって発生した水滴は通常、ドレンホースを通って外に排水されますが、結露が大量に発生すると外に排出される前に水滴が室内に垂れてきてしまいます。

そんな時はフィルターを掃除したり、フィンを掃除してみてください。フィルターが汚れていると、そのホコリ等が原因で結露が多く発生し、うまく排水できないことがあります。フィルターもフィンも掃除したけど、水漏れする時には、エアコンの使い方を見直しましょう。フィンが冷えすぎると、水漏れが大量発生するのでエアコンの使いすぎは厳禁です。

室内機の傾き

エアコンの室内機が傾いていることで、水漏れが発生する場合があります。傾きの向きは、手前に倒れてくる方。つまり、普通の状態よりも吹き出し口が下を向いている状態です。その傾きによって、フィンの結露で発生した水滴がドレンパンにうまく溜まらずに室内に垂れてきて、水漏れになってしまいます。

水漏れの原因を説明してきましたが、このようなトラブルに時間を取られるのは業務効率が下がり非常に勿体無いといえます。そこで、ACNではエアコンの入替えや新設の際に、出張・修理費無料の「あんしん保証Ecoプラン」で、日頃のメンテナンスから突発的な故障までサポート致します!話を聞くだけでも大丈夫ですので、ぜひご相談ください!

お客様満足度5年連続No.1のACNエアコン.com>>

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。