業務用エアコンの設置工事

業務用エアコンの設置や工事の基本的な流れについてご説明します。

まずはチェック

(1)業務用エアコンの設置場所・取付位置は現地調査時に確認してください。
(2)設置取付工事の流れを知り、事前にスケジュールの確認をしてください。
(3)設置後のサポート 大切なポイントです。

業務用エアコンの設置場所・取付位置は現地調査時に確認

見積書作成のため、エアコンの室外機および室内機の設置取付位置は現地調査の段階でおおよそ計画します。室外機は大きさ、吸込み・吹出しスペースの確保、隣接地への影響、冷媒配管との接続可否、外部他設備との兼ね合いなどを考慮しながら決定します。室内機は部屋の高さ、広さ、形状、天井の懐、他設備との兼ね合いをみて、容量(kW)やタイプを決定します。また各種配管・配線によっても設置取付位置は変わってきますので、質問や要望がある場合は現地調査の段階でプロに相談してみましょう。

取付工事の手順を確認

1.搬入経路/スペースの確保
2.養生
3. 冷媒ガス回収(入れ替えの場合)
4. 室内機・室外機の取り外し(入れ替えの場合)
5. 室内機・室外機の取り付け
6. 配管・配線工事
7. 化粧パネル・リモコン取り付け工事
8. 真空引き、気密試験
9. 試運転
10.清掃・引き渡し

工事は事前に決定したスケジュールに沿って進められますが、現場によってはスケジュール通りにいかない場合もあります。一般的に業務用エアコン 1 台あた り 6~8 時間が目安になります。 この流れを知ったうえで、見積前にプロの施工会社とスケジュールについて大枠を話しましょう。
また、工事完了後、使用方法や注意事項などについて説明を受ける際には、故障修理や各種点検、メンテナンス・クリーニングの依頼連絡先を確認しておくと安心です。

業務用エアコンはリースがオススメ!入れ替えはこちら>>

記事の一覧に戻る

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。