エアコンの入れ替えは春秋がベスト!

エアコンの取り付け工事が多いのは夏場です冷房を使って、はじめて不調に気づく方が多いためです。 しかし、夏場は工事が混み合い、取り付けに時間がかかってしまう場合もありますので、注意が必要です。

6〜8月は設置工事のピーク

エアコンの取り付け工事の時期は、「6~8月」が最も多いとされています。エアコンの取り付け工事までに困ったことでは、「設置までに日数がかかった」「販売店への電話もなかなか繋がらなかったなど時間がかかったとの声が多く聞かれます。夏場のピークになると工事取り付けに1ヶ月以上も待った、なども珍しくなく、ほとんどの方が後悔しています。この1ヶ月の間、エアコンなしと考えると従業員だけでなくお客様にも迷惑がかかってしまいます。そうならないためにも、故障する前に早めの入れ替えをご検討ください。

7年~10年使用したエアコンは要注意!

エアコンの入れ替え時期は購入から7年~10年以内が多いとされています。入れ替え理由の半数近くはエアコンの故障によるものが多く、長い付き合いとなるものだけに、ハイシーズンを外してじっくり選んだ方が悔やむことも少ないはずです。また、先ほどもご説明したように夏場は取付工事に時間がかかるという点から考えても、今の時期に入れ替えるのがベストです。

オリンピックにより依頼制限も?

2021年の夏はオリンピック開催に伴い都内を中心とした交通混雑などが予想されるので、業務用エアコンの工事や修理に必要な機器や部材を供給するメーカーも休む可能性があります。

そうなれば、開催期間中に修理の問い合わせをしても、交換部材や更新機器が入手できず、修理できない、、なんてことも。状況を見に行くだけだとしても、混雑の影響で、対応が遅くなることが予想されます。また、業務用エアコンの工事において開催場所が都心の場合、道路使用許可が取れず、エアコン工事ができない可能性がありますのでご注意下さい。

最新エアコンに替えるメリット

最新のエアコンは省エネ性が格段に向上しています。入れ替えるだけで、電気代が安くなった!という方が圧倒的に多く、早く入れ替えたらよかったという人も多く見られます。また、それだけでなくセンサーの精度やメンテナンス性などが高性能化されていますので、一度チェックしてみてください。

早めの入れ替えで快適な夏を!

業務用エアコンの見積もりを取る際は口頭で状況を伝えるのではなく、実際に現地に来てもらい、プロの目線で詳しく調査してもらいましょう。時間がない、面倒だ、と思うかもしれませんが、現地調査をしなかった場合、取り付け工事をする際に想定の配管と違い見積もりよりも費用がかなりかかった、、などのトラブルに繋がりかねません。当社なら、現地調査・お見積もり無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

業務用エアコンの入れ替えならACNまで>>

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。