美容院の業務用エアコンの選び方

今回は美容院の業務用エアコンの選び方をご紹介致します。

美容院や理容室ではドライヤーなどの熱源がありますので、通常よりも少し馬力の大きいタイプを選んで頂くことが一般的です。

また、美容室はお客様が長時間滞在される場所です。エアコンの風が直接顔や体に当たる席では、お客様は長時間リラックスして心地よい時間を過ごすことはできません。それだけでなく、店舗内が乾燥することでカラーやパーマの薬剤の効きが弱くなったりする可能性もあります。お客様のリピート率を高めるためにも、エアコンの馬力だけではなく設置位置や風向なども考え、快適に過ごせる店舗環境づくりが必要です。

 

業務用エアコンを選ぶポイント

・整髪料やカラー剤など薬品の匂いを抑える脱臭機能

直接風を当てない人検知機能

・パネルやフィルターお手入れを簡単にしてくれる機能

電気代を削減できる省エネエアコンを選ぶ

・清潔感があり、インテリア性の高いエアコンを選ぶ

 

お手入れ機能

お客様がシャンプー台で寝かされて天井に目がいったとき、天井カセットエアコンの空気吸込口がホコリまみれになっていて気分が悪くなった・・・というお話を耳にします。また、美容院ではカットした際に出る細かい髪が舞い上がり、フィルターなどにホコリと一緒に溜まってしまうこともあります。

オシャレ・清潔といったイメージの美容室としては、キレイな状態を保ちたいけど手が届かずお手入れが大変というのが本音ではないでしょうか。そこでおすすめなのが、自動でグリルが昇降しフィルター交換やお手入れができる機能です。

キレイな状態を保つだけでなく、ホコリの目詰りによる風量低下を解消し電気消費を抑えることにも繋がりますので省エネ効果の持続が可能です。

 

インテリア性の高いエアコン

業務用エアコンにも見た目にこだわった機種があることはご存知でしょうか。

例えば、ダイキンエアコンの「デザイナーズシリーズ」では、空気吸込口の格子を無くし天井に埋め込んだ際の凹凸を少なくするフラットなデザインの機種があります。その為、存在感が薄まりインテリアの雰囲気を崩さずに空調環境を整えることができます。

また、フラットなデザインにより吸込口にホコリが付着しにくく汚れも目立ちにくい設計となっています。

美容院では快適に過ごせることはもちろんですが、お店の雰囲気に合ったエアコンを選ぶことによってリピーターを増やしましょう!

 

メンテナンスや分解洗浄サービスのある業務用エアコンのリースはACNまで!>>

記事の一覧に戻る

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。