花粉症対策にはエアコンを

花粉といえば春のスギ、ヒノキのイメージが強いのですが、実は秋にも原因となる花粉は飛んでいます。秋の花粉症の主な原因は、ブタクサやヨモギです。これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。

花粉はどんなに対策をしていても、人の服や体に付着して室内に入ってきてしまいます。そこで室内に入ってきた花粉症対策として登場するのが、エアコンです!

 

「なぜエアコンを使うことが花粉症対策になるの?」

それはエアコンの構造が関係しています。

エアコンは室内の空気を吸い込み、空気を吐き出す構造です。部屋の空気を吸い込む際に、空気中にある花粉やホコリも同時に吸われ、フィルターに引っかかり、室内から花粉を除去する仕組みとなっています。ちなみに、エアコンは基本的に外気を取り込まないので、エアコンを稼動させても外の花粉を室内に取り込む心配はありません。

その他にも、掃除機で掃除して浮遊した花粉をエアコンで吸い込む、エアコンの除湿機能を使って部屋干しの臭いを防ぐなど多くの役割を担ってくれるエアコンは、室内の花粉対策として重要な役割を担っています。

 

重要なのはエアコンの洗浄

エアコンは使うだけでなく、きちんと洗浄をしないと十分な効果は発揮できません。エアコンのフィルターだけ洗浄すればいいのでは?と思うかもしれませんが、それは間違いです。エアコン内部の汚れをしっかり洗浄することで花粉対策の効果を高くするメリットがあります!

<メリット>

●カビやホコリ汚れを洗浄して、きれいな空気を排出する空気清浄機の役割
●エアコンの内部に入り込んだ花粉を洗浄

 

エアコン内部に入り込んだ花粉や汚れを、プロの手で分解洗浄することがとても重要となります!ACNではリースプランにてプロによる「分解洗浄サービス」を行なっています!

詳しくはこちらへ>>

記事の一覧に戻る

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。