夏風邪対策にエアコン+加湿器?!

1日中エアコンにさらされるこの季節。
喉が乾燥する・・・といった症状に悩んでいませんか?

その症状、実は冷房によって空気が乾燥しているからなんです!

ここで活躍するのが「加湿器」です。しかも加湿器だけでなく、エアコンと併用することによってカビ対策にもなります。

■使い方は簡単!

冷房で空間を冷やした後に加湿器をONにするだけです。ジメジメした湿度で不快な環境になるのでは・・・と思うかもしれませんが、冷えた空間では湿度で不快感を感じることはほぼありません。9月からは寒暖差が激しくなるので、体調管理のためにも加湿器で乾燥対策をするのがオススメです。

 

夏場に気になるカビについて

人が快適に過ごせる湿度は45~60%(冬場は55~65%)と言われています。また、湿度65%以上だとカビが生えやすい環境になってしまいます。そのため、エアコンによって湿度が45%以下にならないように、かつ加湿器によって湿度が65%以上にならないようにするのが一番快適な環境になります。

最近は加湿器自体に湿度計や湿度センサーが組み込まれているものがあるので、このような機能を活用して快適な環境を維持しましょう!

記事の一覧に戻る

Pマーク画像
当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与認定を受けています。 プライバシーマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合して 個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与されるものです。